家族やお友達とできる英語を使ったゲームを紹介しています。

DIRECTION


HUNGRY GHOST GAME
By Onaya Eriko(KTC外語学院 Peppy Kids Club 群馬広瀬教室講師)

部屋にあるいろいろな物の名前を、右、左、後ろの形容詞を使って楽しく覚えられるゲームにしようと考えました。
 
あそびかた
1) Tell a person that he/she will be a robot going to get things in the room.

部屋の中の物を取りに行くロボットになるように話してください。
 
2) His/her mother chooses one object in the room and gives directions to get to the object..

その母親役の人は、部屋の中からひとつの物を選び、その物にたどり着くように、方向を教えます。
 
3) Listening to what she says, the robot moves.(Direction examples: go back/ go straight/ go to the right/ go to the left/ stop)

母親が言っていることを聞きながら、ロボットは動きます。(指示の例:go back(後ろに下がれ)/ go straight(まっすぐ進め)/ go to the right(右に曲がれ)/ go to the left(左に曲がれ)/ stop(止まれ))
 
4) When the robot has reached the object, ask the robot what the object is. His/her mother can be a robot, and a child gives her the directions, too.

ロボットがその物にたどり着いた時、それが何であるかたずねてください。当たったら、母親役がロボットになり、子ども(ロボット)役が今度は方向を教えることになります。
 
 
戻る