HUNGRY GHOST GAME


HUNGRY GHOST GAME
By Kusakabe Yuri(KTC外語学院 Peppy Kids Club 群馬金古教室講師)

子どもたちにいつも答える練習をしてもらっているため、問いかける側になれるゲームはないかということ、また、1人では発言できない静かな子や、恥ずかしがり屋の子でもみんなと一緒に練習できるゲームを、ということで考えました。
 
用意するもの
paper(紙)
 
あそびかた
1) Make a ghost hat using the paper. Practice how to ask and answer the time, "What time is it?" "It's one o'clock," ... "It's 12 o'clock.."

紙を使って、ゴースト帽子(ゴーストの目印になるもの)を作ってください。時間の聞きかたと答え方“What time is it?(何時ですか)”“It's one o'clock(1時です)”…“It's 12 o'clock(12時です)”を練習してください。
 
2) A person puts on a hat and becomes a ghost, saying to the other people, "I'm hungry, so I will catch you and eat you lunch at 12 o'clock!" The game starts with the people asking the ghost the time.

ひとりの人が、帽子をつけて、ゴーストになります。そして、他の人に“I'm hungry, so I will catch you and eat you lunch at 12 o'clock!(お腹がすいてるから、おまえたちを捕まえて、12時に食べちゃうぞ!)”言います。ゴーストに時間を聞くとゲームが始まります。
 
3) When the ghost answers,"It's 12 o'clock!," the other people have to run away and touch something before being caught. The ghost can decide what to touch before the game, for example, fruit.

ゴーストが“It's 12 o'clock!(12時!)”と答えたら、他の人は逃げて、つかまる前に何かに触らなければなりません。ゴーストはゲームの前に何に触るのか、例えば、フルーツなど、決めることができます。
 
4) The person who is caught becomes the ghost.

つかまえられた人が今度はゴーストになります。
 
 
戻る