4歳 48ヶ月~59ヶ月のお母さんと子どもの遊びを紹介

大好きなママとあそぼう!4歳 48ヶ月~59ヶ月


ママと一緒にあそぶことによって、子どもは安定して成長していきます。スキンシップには、体の発育を促したり、ストレスを減らしたりする効果があります。下の図を参考にして愛情をたっぷりそそいであげてください。

ひらいてとじて 48ヶ月頃から

ひらいてとじて 48ヶ月頃から
あそび方
お母さんは足を伸ばして座ります。お子さんは向かい合って、お母さんの足をまたいで立ちます。「いち」でお母さんは両足を開き、お子さんはジャンプしてお母さんの足の間に降ります。「にい」で、最初の姿勢に戻ります。リズムを変えて行いましょう。
効果
敏捷性(びんしょうせい)や判断力、集中力を伸ばす。
全身運動の発達を促す。

ちゅうがえり 48ヶ月頃から

ちゅうがえり 48ヶ月頃から
あそび方
お子さんと向かい合って立ち、両手をつなぎます。お子さんはお母さんの足の方から登り、ぐるりと一回転します。このとき、回りやすいように少し腕を引きあげます。力が必要なので、お父さんにも協力してもらいましょう。
効果
敏捷性(びんしょうせい)や判断力、集中力を伸ばす。
全身運動の発達を促す。

同じ文字見つけた 48ヶ月頃から

同じ文字見つけた 48ヶ月頃から
あそび方
広告のチラシや新聞紙の中から、決めた文字を探し出すあそびです。探す文字を決めたら、その文字をお子さんの見やすい位置に置き、紙面に色鉛筆などで丸をつけさせましょう。
大きさや書体がそれぞれ異なっているケースが多いので、よく注意して見分けさせることが大切です。
効果
文字の弁別力をつける。
注意力や集中力を高める。

次は何色?(48ヶ月頃から)

次は何色? 48ヶ月頃から
あそび方
(1)お母さんは、画用紙に、赤い丸と四角い白の図形を一列に書いて、規則性のある配列問題を作ります。例えば、「赤・赤・白・白…」「赤・赤・赤・白…」などと並べましょう。途中まで並べたら、「次は赤色?白色?」とお子さんにたずね、答えさせましょう。
答えが正しいか正しくないかということよりも、考えさせて理由を聞いてあげることが大切です。
単純な配列から始めて、だんだんと難しい問題へすすみましょう。慣れてきたらお子さんにも問題を作らせてあげましょう。
効果
規則性を発見する力を育てる。
分析力、観察力を養う。

どんなおもちゃが効果的? 大好きなママとあそぼう! ママと運動タッチング ママの心理チェック!